2024年7月18日 (木)

西洋古典研究会第85回研究発表会のご案内

西洋古典研究会第85回研究発表会
日 時:2023年8月3日(土)研究発表  14時00分より
                
場 所:法政大学市ヶ谷キャンパス 大内山校舎 Y804 教室
   ズーム会議による同時中継を行います。*ズームのご案内はこのブログで8月1日の予定
                        プ ロ グ ラ ム
研究発表(発表30分 質疑25分)         14:00 より
  1.プラトン『クラテュロス』における名前の定義の再解釈
                       片山 寛子(学習院大学)
  2.後期メガラ派の哲学と「拡散した」キュニシズム
    ――メガラのスティルポンの事例に即して――
                       長尾 柾輝(東京大学)
             休   憩
総 会                       16:15頃 より
  *研究発表会の終了後、来場の方々との懇親の場を設ける予定です。
────
□会場のご案内:
交通 飯田橋駅 JR総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線・都営大江戸線 
   市ヶ谷駅 JR総武線、東京メトロ有楽町線・南北線・都営新宿線
   各駅下車後、JR線線路に沿って徒歩約10分。
 市ヶ谷キャンパス 交通アクセス :: 法政大学 市ケ谷キャンパス
 キャンパスマップ キャンパスマップ : 法政大学 市ケ谷キャンパス
 施設案内(会場Y804教室)大内山校舎|市ヶ谷キャンパス|法政大学 教室設備ガイド
       
発 表 要 旨

 

プラトン『クラテュロス』における名前の定義の再解釈
                       片山 寛子(学習院大学)
 本発表においては、プラトンの対話篇『クラテュロス』の388b10-c1の検討を行う。
 『クラテュロス』は名前の正しさを主題とした対話篇である。ソクラテスは対話相手であるヘルモゲネスとクラテュロスの自説を順番に検討する過程で、ヘルモゲネスに対して名前の機能を自ら定義してみせる(388b10-c1)。ソクラテスによると、名前によって使用者は「お互いに何かを教え合っているのであり、またもろもろの事物をそのあり方に従って区分して」おり、名前は「何らか教えるための道具であり、そしてあり方を区分するための道具」であるという。この文においては「教え合う」「区分する」という機能を説明する二つの語が接続詞καίによって結ばれているのだが、まさにこの点に解釈上の問題があると発表者は考える。というのも、この接続詞καίの解釈次第で、名前には二つの異なる機能が備わっているとも、これらの二つの機能は単一の機能の言い換えであるとも解釈することが可能だからである。しかしながら、前者の解釈を支持するのはKretzmannのみであり、Barney、Sedley、Ademolloら他の多くの研究者はこの定義が単一の機能を表していると解釈してきた。ただし彼らが当該箇所について言及する場合、機能が単一か複数かという点は問題視されず、半ば慣習的に単一の機能の説明だと前提されているように思われる。そこで本発表においては、改めてこの問題を取り扱い、それぞれの立場に従って当該箇所を再解釈したうえで比較する。そのうえで、異なる二つの機能だと解釈した場合の方が、『クラテュロス』全体に対する解釈の幅が広がると論じる。

 

後期メガラ派の哲学と「拡散した」キュニシズム
 ――メガラのスティルポンの事例に即して――
                        長尾 柾輝(東京大学)
 ソクラテスの死後、彼の弟子筋からは多くの「学派」が派生した。それらのうち以下の五派については、現存資料を通じてある程度の概要が知られる。
 1.アテナイのアンティステネスに由来するキュニコス派。
 2.キュレネのアリスティッポスに由来するキュレネ派。
 3.メガラのエウクレイデスに由来するメガラ派。
 4.エリスのファイドンに由来し、エレトリアのメネデモスが刷新したエリス゠エレトリア派。
 5.アテナイのプラトンに由来するアカデメイア派。
一般にわれわれは、西洋哲学史上きわだって重要な位置を占めるプラトンの学統から自余の諸系統を区別し、後者を特に「小ソクラテス派(Minor Socratics = MS)」と総称するならわしである。
 さて、紀元前4世紀末から同3世紀はじめにかけての後期MS思潮は、「拡散した(diffused)」キュニシズムの影響によって特徴づけられる。本発表では時間の都合上、とりわけ後期メガラ派のスティルポンに見出される「キュニコス的」な要素を集中的に分析することで、後期MSがそもそも/いかにしてキュニコス化したのかという問いの一面にアプローチしたい。先行研究は多くの場合、「キュニコス的」という評価をなかば自明のものとして反復してきたが、その妥当性にはいくつかの疑問符がつく。
 議論の構成は以下のとおりである。まず第一節で、スティルポンの思想・逸話・伝記における「キュニコス的」な要素を整理する。次に第二節で、そもそも「キュニコス的である」とはいかなることかを一般的・概観的な仕方で簡単に論じる。そして第三節で、かかる検討内容を具体的な事例へと適用し、第一節に見た諸要素は実際には彼の「キュニコス性」を示すものでは「ない」という結論を導く。そのうえで最後に、こうした否定的結論にともなういくつかの積極的な含意を確認する。

| | | コメント (0)

2024年5月 1日 (水)

古典ギリシア語講座 5月4日㊗️は休講!

5月4日は祝日なので、古典ギリシア語講座はすべてのクラスが休みです!

| | | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

古典ギリシア語講読A(自主講座)『クリトン』講読について

◆令和6(2024)年度 明治学院大学言語文化研究所 古典ギリシア語講読A(自主講座)『クリトン』講読について

第1回の授業(4月20日)は43a1-c4(下記)を読む予定です。なお、私の作った『クリトン』語彙集(『クリトン』の全単語の説明)が必要な方はご連絡ください。必要な方にはメールでお送りします。

『クリトン』原文の全文(OCT旧版 Burnet版)は https://el.wikisource.org/wiki/Κρίτων でも見られます。

ΚΡΙΤΩΝ

ΣΩ. Τί τηνικάδε ἀφῖξαι, ὦ Κρίτων; ἢ οὐ πρῲ ἔτι ἐστίν;

ΚΡ. Πάνυ μὲν οὖν.

ΣΩ. Πηνίκα μάλιστα;

ΚΡ. Ὄρθρος βαθύς.

ΣΩ. Θαυμάζω ὅπως ἠθέλησέ σοι ὁ τοῦ δεσμωτηρίου φύλαξ ὑπακοῦσαι.

ΚΡ. Συνήθης ἤδη μοί ἐστιν, ὦ Σώκρατες, διὰ τὸ πολλάκις δεῦρο φοιτᾶν, καί τι καὶ εὐεργέτηται ὑπ᾽ ἐμοῦ.

ΣΩ. Ἄρτι δὲ ἥκεις ἢ πάλαι;

ΚΡ. Ἐπιεικῶς πάλαι. 

ΣΩ. Εἶτα πῶς οὐκ εὐθὺς ἐπήγειράς με, ἀλλὰ σιγῇ παρακάθησαι;

ΚΡ. Οὐ μὰ τὸν Δία, ὦ Σώκρατες, οὐδ᾽ ἂν αὐτὸς ἤθελον ἐν τοσαύτῃ τε ἀγρυπνίᾳ καὶ λύπῃ εἶναι, ἀλλὰ καὶ σοῦ πάλαι θαυμάζω αἰσθανόμενος ὡς ἡδέως καθεύδεις· καὶ ἐπίτηδές σε οὐκ ἤγειρον ἵνα ὡς ἥδιστα διάγῃς. καὶ πολλάκις μὲν δή σε καὶ πρότερον ἐν παντὶ τῷ βίῳ ηὐδαιμόνισα τοῦ τρόπου, πολὺ δὲ μάλιστα ἐν τῇ νῦν παρεστώσῃ συμφορᾷ, ὡς ῥᾳδίως αὐτὴν καὶ πρᾴως φέρεις.

ΣΩ. Καὶ γὰρ ἄν, ὦ Κρίτων, πλημμελὲς εἴη ἀγανακτεῖν τηλικοῦτον ὄντα εἰ δεῖ ἤδη τελευτᾶν. 

ΚΡ. Καὶ ἄλλοι, ὦ Σώκρατες, τηλικοῦτοι ἐν τοιαύταις συμφοραῖς ἁλίσκονται, ἀλλ᾽ οὐδὲν αὐτοὺς ἐπιλύεται ἡ ἡλικία τὸ μὴ οὐχὶ ἀγανακτεῖν τῇ παρούσῃ τύχῃ.

ΣΩ. Ἔστι ταῦτα. ἀλλὰ τί δὴ οὕτω πρῲ ἀφῖξαι;

| | | コメント (8)

2024年3月13日 (水)

古典ギリシア語講座(受講料無料) 4月20日(土)から開講!(再)

◆令和6(2024)年度 明治学院大学言語文化研究所 古典ギリシア語講座&読書会(自主講座)について

 4月20日(土)から開講する私(金子)の古典ギリシア語講座&読書会(自主講座)の教室は1405教室に決定しました。
 授業内容については、前(3月6日)のブログをご覧ください。

| | | コメント (1)

2024年3月 6日 (水)

古典ギリシア語講座(受講料無料) 4月20日(土)から開講!

◆令和6(2024)年度 明治学院大学言語文化研究所 古典ギリシア語講座&読書会(自主講座)について

 令和6(2024)年4月20日(土)から古典ギリシア講座を開講いたします。
 正式な公開講座として「古典ギリシア語初歩文法」を開講し、毎週土曜日の午後1:00〜2:30に授業を行ないます。この講座については、明治学院大学言語文化研究所のホームページ(下記)をご覧下さい。なお、この公開講座(初歩文法のクラス)を受講される方は言語文化研究所に受講の申し込みをしてください。
 
 また、その他に、私が個人的に主催する「古典ギリシア語読書会」の活動として、古典ギリシア語講読A(プラトン『クリトン』講読)午後2:40〜4:10、古典ギリシア語講読B(プラトン『ゴルギアス』講読〔前年度からの継続〕)午後4:20〜5:50を開講します。なお、この読書会は正式な講座ではないため、明治学院大学言語文化研究所のホームページには紹介されていません。この自主講座では、初回の授業中に申し込みをしていただくので、直接、教室においでください。教室はどの授業も1405教室です。
📖
■午後1:00〜2:30 古典ギリシア語初歩文法(正式な講座)テキストは水谷智洋著『古典ギリシア語初歩』(岩波書店)を使用。
■午後2:40〜4:10 古典ギリシア語講読A(自主講座)『クリトン』の最初から読みます。 
■午後4:20〜5:50 古典ギリシア語講読B(自主講座) 第1回は『ゴルギアス』464b2〜465a7を読む予定です。
*古典ギリシア語講読Aは、初歩文法を学び終えたばかりの方々を対象に、文法事項の確認をしながら講読を行ないます。

| | | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

古典ギリシア語講座の2月のスケジュールについて

 明治学院言語文化研究所の2月の私の古典ギリシア語講座は、初級文法のクラスも講読のクラスも10日24日に実施する予定ですが、初級文法のクラスは通常の時間より30分早い、14:00(午後2時)から授業を始めます。

| | | コメント (3)

2023年12月15日 (金)

西洋古典研究会第84回研究発表会 zoom のご案内

 先日この欄でご紹介した西洋古典研究会第84回研究発表会は、zoomでも参加できます。
 zoomで参加なさる方は、以下から入ってください。

Zoomミーティング
ミーティング ID: 837 6089 9757
パスコード: 375145

| | | コメント (0)

2023年11月24日 (金)

西洋古典研究会第84回研究発表会のご案内

西洋古典研究会 第84回 研究発表会 

 

日  時:2023年12月16日(土) 研究発表   13時30分より

     研究発表はズーム会議による同時中継を行います。

     アドレスは12月10日頃に事務局よりメールにて御連絡致します。

 

場  所:日本大学文理学部キャンパス3号館3301教室

     入構時に身分証の提示を求められることがあります。

     その際は、西洋古典研究会に参加する旨をお伝えください。 

 

                          プ ロ グ ラ ム

                           

研究発表(発表30分 質疑25分程度。5時終了)   13:30 より

  1. プラトン『テアイテトス』177c-179bにおける相対主義批判

                       郷家 祐海(慶応義塾大学)

  1. 地下に移された楽園――『アエネーイス』におけるエリュシオン――

                        佐野 馨(名古屋大学)

                休   憩

  1. プラトン『パイドン』における魂の健康と病――「親近性の議論」の分析から――

                          三浦 太一(中部大学)

 

*懇親会は構内で開催できません。有志の方で帰路のお店にて一時をと存じます。

 

■会場のご案内:京王線「下高井戸」または「桜上水」駅下車、徒歩10分程度 

 

      発 表 要 旨

 

   『テアイテトス』177c-179bにおける相対主義批判

                      郷家 祐海(慶應義塾大学)

 『テアイテトス』161c-183bにおいて、プラトンは相対主義と流動説を批判的に検討する。その批判的議論は、多様な哲学的観点から展開されている。このため、それら一連の批判的議論にはまとまりがなく、各々の議論に応じて別々の哲学的論点が独立に取り上げられているようにみえる。その結果、『テアイテトス』161c-183bの一連の議論のなかで、プラトンの哲学的眼目がどこにあるのか、理解することが難しくなっている。

 本稿における私の目的は、『テアイテトス』161c-183bにおける相対主義と流動説批判に通底するプラトンの一貫した哲学的テーマについて、見通しを示すことである。そのために本稿では、177c-179bにおける相対主義批判(以下「未来判断論証」)に焦点を当てる。そこで私は、未来判断論証におけるプラトンの哲学的眼目がどこにあるのか検討する。

 未来判断論証のなかでプラトンは、未来の出来事に関する判断に着目することで、相対主義を批判している。この未来判断論証は、比較的注目されてこなかった箇所だと言える。『テアイテトス』の相対主義批判にかんするこれまでの研究は、169d-171dのいわゆる「自己論駁論証」の妥当性を検証することが中心になっていたからである。結果として、自己論駁論証と未来判断論証はそれぞれ別個に取り上げられることが多く、その関連性について論じられることは少ないのが現状となっている。

 従来の解釈では、177c-179bの相対主義批判におけるプラトンの眼目は、専門知の可能性を確保する点にあると考えられてきた。本稿で私は、この従来の解釈が不十分であることを論じる。その原因は、そこで言われる「専門知」の内実が十分理解されていなかったことにある。本稿で私が提案するのは、プラトンは「専門知」を「二つの判断が対立する」という文脈、言い換えれば「対話的文脈」とも呼ぶべき文脈のなかで捉えているということである。最終的に私は、この対話的文脈を十分考慮することで、未来判断論証が前後の批判的議論と共有する哲学的テーマについて、見通しを示すことを目指す。

 

   地下に移された楽園 ――『アエネーイス』におけるエリュシオン――

                         佐野 馨(名古屋大学)

 本発表はウェルギリウス『アエネーイス』6歌の冥界下りにおいて、死後の楽園エリュシオンが地下に配置されていることについて考察を試みるものである。

 ヘシオドス『仕事と日』の五時代の説話において、英雄の時代の人間たちは浄福者たちの島と呼ばれる楽園に送られたとされている。また『オデュッセイア』4歌においても、メネラオスがエリュシオンの平野に送られるだろうと語られる。このような楽園に関する伝承は、輪廻転生思想などとも結びつきながら、古代世界において語り継がれていた。ウェルギリウスの『アエネーイス』においても、エリュシオンという名で地下世界の一部として描かれ、アイネイアスと父アンキセスとの再会の舞台となった。

 古代ギリシアの楽園にはいくつかの特徴があり、その一つとして、それが地上世界のどこかにあることが挙げられる。オケアノスからの風が吹くという共通した表現はそのことを明示していると言えるだろう。また上述した二つのギリシア叙事詩において、楽園は死者が死後に行く場所ではなく、生者が死の代わりに行く場所とされている。当然、死後の世界である地下ではなく、地上にあると想定されていると考えられる。楽園が地上にあるというこの特徴は、輪廻転生思想を取り入れて魂が地上と地下を行き来すると語ったピンダロスの『オリュンピア祝勝歌』2番に至っても変化していない。

 それに対し『アエネーイス』では、エリュシオンが地下世界の一部として扱われている。『アエネーイス』の地下描写は、『オデュッセイア』の冥界下りに加え、オルペウス教をはじめとする秘儀宗教や哲学思想の影響を受けているとされる。しかし、そうした思想において地下で安息を得られるとされていたことと、安息の地が(地上にあるとされていた)エリュシオンであることの関係は複雑である。その事情を整理してみたい。

 

   プラトン『パイドン』における魂の健康と病 ――「親近性の議論」の分析から――

                         三浦 太一(中部大学)

 本発表は、『パイドン』篇の魂不死証明の一つ、「親近性の議論」(77d–84b)が示唆する、魂の健康と病に関するプラトンの理解を明らかにする。一般的な健康と病の区分けについては、身体と精神の正常な状態と、それに反する異常ないし欠如状態とが考えられよう。しかし、必ずしも病気とは言えない強い身体的快楽や恐怖、欲望の所有も、当議論では魂に最悪の害悪を引き起こす原因となる。すなわち、身体的感覚を通じた激しい情念は、それらをもたらす事物が最も真なるものだという、虚偽の信念を魂に与えてしまう(83c)。だが、本来魂は、神的で知性的であり不死の存在に最もよく似ており(80a–b)、身体から離れ思惟の働きのみを用いて、自らと同族である神的存在に至らねばならない(84a–b)。また、当議論の導入部では、対話相手らは魂が死後雲散霧消することへの恐怖を有しており、ソクラテスには、彼らの恐怖を追い払う呪い歌を議論によって与えることが求められている。以上の文脈からすると、当議論では、魂のあるべき/悪い状態についての一般的見解を越えた規定が示唆され、哲学的対話を通じて、魂が悪しき状態から自らを改善することが期待されている。

 上記の読解では、健康と病という視点から、親近性の議論が有する意義の再評価を行うことになる。『ティマイオス』篇(86b)は魂の病を明示的に規定しているが、『パイドン』でも、ソクラテスの最後の言葉が医神アスクレピオスへの言及であることも含めて、病という主題が研究者たちから注目されている(Betegh 2021, 金山 2014)。また、当議論の不死証明が魂とイデアの間の類似性という曖昧な概念に依拠していることから、議論の厳密性に関する弱さが指摘され(Gallop 1975)、意図的に欠陥のある議論が示されているという解釈もある(Elton 1997)。他方近年では、魂の本性を踏まえた個人のあるべき生き方や(栗原 2013)、死後の魂の在り方を提示している点で(Woolf 2004)、意義が見いだされ、論証の正当性にも肯定的な再検討がなされている(Ebrey 2023)。本発表は、当議論が、魂の病に関する新たな理解と病から回復する実践過程を示唆していると解釈し、その価値を改めて評価する。

| | | コメント (0)

古典ギリシア語講座の12月のスケジュール

明治学院大学言語文化研究所の12月16日の私の古典ギリシア語講座は、初級文法のクラスも講読のクラスも休講になります。それ以外の日(2日、9日、23日)は予定どおり授業を行ないます。

| | | コメント (0)

2023年10月10日 (火)

古典ギリシア語講座の11月のスケジュールについて

明治学院言語文化研究所の11月の私の古典ギリシア語講座は、初級文法のクラスも講読のクラスも、大学の行事等の都合で、4日、18日、25日が休講になり、開講は11日のみになります。

| | | コメント (0)

«西洋古典研究会第83回研究発表会 zoom のご案内