« 2010年度 日本大学通信教育部スクーリング            (春期夜間&夏期) | トップページ | 西洋古典研究会 第58回研究発表会 »

2010年5月30日 (日)

古典ギリシア語・ラテン語の講座

◆明治学院大学言語文化研究所 平成22年度(2010年度)の読書会の御案内(追加)

場所:白金キャンパス本館6階 言語文化研究所。交通アクセスは下記のURLを御覧下さい。
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

古典ギリシア語上級講読(毎週土曜日17:00-18:30)
 現在読んでいるプラトン『パイドン』は6月5日に読み終わります。次の6月12日からはプラトン『饗宴』を読みます。まず、6月12日は172a1〜173b8を読む予定です。

|

« 2010年度 日本大学通信教育部スクーリング            (春期夜間&夏期) | トップページ | 西洋古典研究会 第58回研究発表会 »

コメント

最初にギリシア語の文法書を書いたのは誰かお尋ねしたことがあります。
今日不図したことからアクセント記号を発明したのはビザンチオンのアリストファネスであることを知り。
ヴィキペディアから辿つて行くと、
トラキア人のトラックスが最初の文法書を書いたとされて居ることを知りました。
Dionysius Thrax (Διονύσιος ὁ Θρᾷξ) (170 BC – 90 BC) was a Hellenistic grammarian and a pupil of Aristarchus of Samothrace. His place of origin was not Thrace as the epithet Thrax denotes, but probably Alexandria. He lived and worked in this city but later taught at Rhodes (around 144BC).

The first extant grammar of Greek, "Art of Grammar" (Tékhnē grammatiké, Greek: τέχνη γραμματική) is attributed to him but many scholars today doubt that the work really belongs solely to him due to the difference between the technical approach of most of the work and the more literary approach (similar to the 2nd century's Alexandrian tradition) of the first few sections. It concerns itself primarily with a morphological description of Greek, lacking any treatment of syntax. The work was translated into Armenian and Syriac in the early Christian era.

Thrax defines grammar at the beginning of the Tékhnē as "the practical knowledge of the general usages of poets and prose writers." Thus Thrax, like contemporary Alexandrian scholars who edited Attic Greek and Homeric texts, was concerned with facilitating the teaching of classic Greek literature to an audience who spoke Koine Greek.[1]

この『テクネ・グラマティケ』の本文も見ることが出来る様です。

投稿: shun TAKAHASHI | 2011年10月22日 (土) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133756/48492542

この記事へのトラックバック一覧です: 古典ギリシア語・ラテン語の講座:

« 2010年度 日本大学通信教育部スクーリング            (春期夜間&夏期) | トップページ | 西洋古典研究会 第58回研究発表会 »