« 増補改訂版『プラトン「ソクラテスの弁明」注解』 | トップページ | 西洋古典研究会 第70回研究発表会 »

2016年3月27日 (日)

古典ギリシア語・ラテン語講座

◆明治学院大学言語文化研究所 平成28年度(2016年度)の勉強会・読書会の御案内

4月23日から毎週土曜日に以下の勉強会・読書会を行ないます(学生・社会人、学内の方・学外の方を問わず、どなたでも参加できます。受講料無料)。

場所:白金キャンパス本館6階 言語文化研究所。交通アクセスは下記のURLを御覧下さい。

http://www.meijigakuin.ac.jp/access/

13:00-14:30 古典ギリシア語初歩文法

テキスト:『古典ギリシア語初歩』水谷智洋著 岩波書店

 まったく初めて古典ギリシア語を学ぶ人たちのための講座です。テキストにしたがって、文法事項の説明とギリシア文の和訳の演習を行なっていきます。

古典ギリシア語で書かれたものには、哲学、歴史、文学・神話、数学、自然学(科学)に関するものなどがあり、また、新約聖書もギリシア語で書かれています。これらはどれも西洋文化の源流になっていますから、西洋文化やそこから生まれたさまざまな学問を学ぶには、古典ギリシア語の知識は必須です。ぜひ古典ギリシア語を学んで、西洋文化と学問の源流に触れてみてください。

 

14:40-16:10 ラテン語初歩文法

テキスト:『ラテン語初歩(改訂版)』田中利光著 岩波書店

 まったく初めてラテン語を学ぶ人たちのための講座です。テキストにしたがって、文法事項の説明とラテン文の和訳の演習を行ないます。

 古代ギリシアで生まれたさまざまな学問・文化は、ローマ人たちによって継承され、今日の私たちに伝えられています。そのため、彼らの言葉であるラテン語の中には、ヨーロッパの学問と文化の歴史が詰まっています。ぜひこのラテン語を学んで、西洋の文化と学問の歴史に触れてみてください。

 

16:20-17:50 古典ギリシア語講読

テキスト:プラトン『パイドロス』 J.Burnet校訂,Platonis Opera vol.2(Oxford Classical Text),アリストテレス『魂について(デ・アニマ)』 W.D.Ross校訂,Aristotelis De Anima(Oxford Classical Text)希望者にはコピーを配布します。

 今年度は、まず、昨年度読み残したプラトン『パイドロス』273d2以降を読みます(第1回は273d2~274b8を読む予定です)。このテキストは6月中には読み終えることが出来ると思いますが、そのあとは、アリストテレス『魂について(デ・アニマ)』を読む予定です。

|

« 増補改訂版『プラトン「ソクラテスの弁明」注解』 | トップページ | 西洋古典研究会 第70回研究発表会 »

コメント

「古典ギリシア語初歩文法」と「ラテン語初歩文法 」の受講を申し込みました。

2011年度の「古典ギリシア語初歩文法」に参加させていただきましたが、同年いわき市への転居し学習を中断してしまい、初歩文法すらすっかり忘れてしまいました。あらためてゼロから出直したいと思います。

昨年いわき市から日光市へ転居しましたが、電車を使えば何とか受講できることになりました。今年度で最期というのが非常に残念ですが、この機会に併せてラテン語初歩文法も学びたいと思います。

よろしくお願いします。

投稿: I. A. | 2016年4月11日 (月) 18時17分

「ラテン語初歩文法」講座を開講して下さりありがとうございます。

申し込み方法をお教えください。
よろしくお願い致します。

投稿: M.T | 2016年4月 5日 (火) 12時46分

はじめまして。
以前より受講したいと思っていましたがかなわず、
今年度で最後とのことで、ぜひラテン語初歩文法を受講したいと考えています。
申し込みはどちらへすればよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿: momo | 2016年3月30日 (水) 17時08分

『ラテン語初歩文法』の講座を入れていただき、ありがとうございます。

早速、テキストを購入してきますので、よろしくお願い致します。

投稿: みらん | 2016年3月27日 (日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133756/63402122

この記事へのトラックバック一覧です: 古典ギリシア語・ラテン語講座:

« 増補改訂版『プラトン「ソクラテスの弁明」注解』 | トップページ | 西洋古典研究会 第70回研究発表会 »