« 2017年8月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月22日 (水)

西洋古典研究会 第73回研究発表会

西洋古典研究会 第73回研究発表会のご案内

 日時:2017年12 月2日(土) 午後2時─5 15 分頃(研究発表)

 場所:日本大学文理学部(桜上水)

京王線「下高井戸」または「桜上水」駅下車,徒歩10 分程度

3号館5階 3510教室

 プログラム

 研究発表 午後2時5時15 分頃(一人50 分程度)

1. プラトン『ピレボス』18A5-18D2 におけるテウトの物語の意義

野村 雄一(名古屋大学)

2.アレクサンドロスの知性論再考

   ──Mant. §2, 108. 20–22 の解釈をめぐって──

西村 洋平 (龍谷大学)

── 憩(20-30 分程)──

3.プロティノスと西田幾多郎 ──ヌースの「自覚」的性格──

岡野利津子(学習院大学)

  懇親会 3号館1階「コスモス」にて,午後5 30 分から7 30 分頃

会費 3500 (当日発表会場受付にてお支払い下さい.)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2018年1月 »