« 哲学の起源と変貌 古代哲学と近代哲学 - 新刊(予約受付中) | トップページ | 『哲学の起源と変貌 ー 古代哲学と近代哲学』 発売間近! »

2022年3月10日 (木)

令和4年度の古典ギリシア語講座について

◆令和4(2022)年度 明治学院大学言語文化研究所 古典ギリシア語講座&読書会(自主講座)について

明治学院大学では、言語文化研究所の読書会は、春学期(前期)は対面では行なわないことになりました。ただし、秋学期(後期)は、もしコロナが終息していれば、従来の形での読書会が許可される可能性はあるそうです。

そこで、私から大学に、秋学期までにコロナが終息し、読書会が従来の形で開講できるようになった場合、「古典ギリシア語初歩文法」の講座を1日2コマ連続で行ない、半年で1年分の授業を行なうことを提案したところ、私がボランティアで行なうならば、そういう形での開講が許可される可能性があるとのことでした。

また、もしそういう形で「古典ギリシア語初歩文法」が開講できた場合、その2コマの授業の後に、自主講座の方も開講し、コロナ前に読んでいた「デ・アニマ」の残りの部分を読みたいとも考えています。

| |

« 哲学の起源と変貌 古代哲学と近代哲学 - 新刊(予約受付中) | トップページ | 『哲学の起源と変貌 ー 古代哲学と近代哲学』 発売間近! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哲学の起源と変貌 古代哲学と近代哲学 - 新刊(予約受付中) | トップページ | 『哲学の起源と変貌 ー 古代哲学と近代哲学』 発売間近! »